田舎暮らしのデメリット

田舎暮らしのデメリット

最近になって注目されている田舎暮らしですが、実はデメリットもあります。

田舎暮らしというとそのメリットや魅力ばかりが取り上げられる傾向にあるのですが、

メリットや魅力の裏側にはデメリットがあるということを忘れてはいけません。

[スポンサーリンク]



ここでは、田舎暮らしのデメリットについてお話ししていきましょう。

 

車がないと困る

車がないと困る

田舎暮らしのデメリットということですが、デメリットとしてまず挙げられるのが車がないとどうしようもないということです。

田舎というほどではないにしても、地方に住んでいる方であれば車の重要性というのはおわかりかと思います。

都会であれば、家のすぐそばにコンビニがあって、ドラッグストアがあって・・・

ということもあるでしょうが、田舎では家のすぐ近くにお店がたくさんあるということはほとんどありません。

一番近くのコンビニでさえ、車で行く距離ということも珍しくありません。

基本的に近くにあるのは家ばかりで、どこかのお店や施設に行こうと思ったら車が必要になってくるのです。

歩くのには遠すぎる、自転車でもきついということがほとんどなので、

車がないと逆に田舎では生活できないといってもいいかもしれません。

車が必要になってくるということは、その分、車の維持費がかかるということでもあります。

免許を持っていない方であれば免許を取得するところからスタートし、

車も購入して・・・

と田舎暮らしのための準備の時点でかなりのお金が飛んでいくことでしょう。

 

仕事が見つからない

仕事が見つからない

先でもお話ししましたように、田舎には家ばかりでお店や施設というのはかなり少ないものです。

お店や施設が少ないということは、その分、働く場所が少ないということでもあります。

実際に、田舎暮らしをしている方の中には仕事が見つからないということで困っている方も少なくありません。

田舎暮らしというのは都会に比べれば生活費をぐっと抑えることができます。

しかしながら、収入がないことには生きていくことはできません。

生きていくためには仕事が必要になってくるのですが、その仕事が圧倒的に少ないのです。

新しくビジネスを始めるにしても、田舎というのはすでにコミュニティができあがっているものです。

「クリーニングなら○○さん家、買い物なら△△さん家」という形で、

どこで何を消費するかがルーティンのようになっているのです。

だからこそ、田舎で仕事がないからといって新規開業したところであまり期待もできないのです。

仮に仕事が見つかったとしても、かなり遠方での仕事になるということがほとんどでしょう。

通うのに相当な時間がかかってしまうでしょうし、交通費も結構な負担になってくるかもしれません。

 

田舎ならではの人間関係

田舎ならではの人間関係

田舎というのは、思っている以上に人間関係が濃いものです。

地域にもよるでしょうが、家の玄関には鍵をかけないのは当たり前で、家主が出かけている間に近所の人が勝手に上がり込んでいるなんてこともあるのです。

こういった付き合いに抵抗のない方であれば問題ないでしょうが、

こういったことを初めて経験する方にとってはかなりの衝撃になるでしょう。

慣れない田舎暮らしでこういったことが長く続くようになると、

精神的にもかなり追い詰められるかもしれません。

プライバシーも何もないような状態には耐えられないと田舎から逃げ出す方もいるのです。

特に、若い方が田舎暮らしをするとなると、近所のご年配の方が何かを世話を焼いてくれるようになるかと思います。

こういったものがそのうち迷惑に感じるようになるかもしれません。

もともと人との距離感が近い方であれば大丈夫でしょうが、

そうでない方にとってはかなりのデメリットになってきます。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)