田舎暮らしに必要な能力

田舎暮らしに必要な能力
田舎暮らしをしたことがない方にとって、田舎暮らしというのは特殊なものに見えるかもしれません。

しかしながら、だからといって特殊な能力が必要になってくるわけではありません。

あくまでも誰もが持っている身近な能力で田舎暮らしを実践していくことができます。

[スポンサーリンク]




ここでは、田舎暮らしに必要な能力についてお話ししていきましょう。

 

コミュニケーション能力

田舎暮らしというのは、人間関係が非常に重要になってきます。

その人間関係で必要となってくるのがコミュニケーション能力です。

誰もが持っているコミュニケーション能力ですが、

コミュニケーション能力が高ければ高いほど田舎暮らしがよりうまくいくと考えていいでしょう。

どういった田舎に引っ越すかによっても異なってくるのですが、

基本的にはまず引っ越してその田舎に慣れるまでにコミュニケーション能力を発揮する必要があります。

近所へのあいさつ回りはもちろん、道端で会ったときのコミュニケーションも大切です。

受け入れてもらえるようになったら、

今度はそこでの人間関係を深めていくためにコミュニケーション能力を発揮していくことになります。

営業の仕事とまではいかないまでも、

自分と一緒にいる間は相手が気分よく過ごしてくれるような努力をする必要があります。

田舎に住んでいる方の性格というのもひとりひとり異なってきますので、

それぞれに応じたコミュニケーションを取るようにしていくのも大切です。

基本的には常に人と関わることになるものと思っておいたほうがいいでしょう。

 

体力

田舎暮らしでは体力も必要になってきます。

田舎暮らしというのは、基本的に思っている以上に体を動かすことになります。

特に、若い方というのは何かと引っ張り出されて、何かの作業をさせられることも多くなるでしょう。

田舎というのは、お祭りや行事なども多くなってきます。

そういったときの手伝いなどをお願いされることもあるでしょうし、

お願いどころか気づいたら強制参加だった・・・

なんてこともあるかもしれません。

若い方は「若い者が率先しないと!」と言われてしまうかもしれません。

もちろん、お祭りや行事以外のことでも体力は使うものです。

家庭菜園をしている方であれば、育てるのにも収穫するのにも体を動かすことになりますし、

山菜取りでもするのであれば登山並みの運動をすることになるでしょう。

基本的に田舎というのは体を動かす機会が多いものなのです。

だからこそ、体力も必要になってくるのです。

ただ、体力というのはそのうち身についていくものでもあります。

今、体力がないからと言って田舎暮らしができないわけではありませんので、

不安になる必要はありません。

 

ものづくりの能力

田舎暮らしというのは、基本的に不便なものです。

それまで都会で暮らしていた方であれば、

当たり前にあった便利なものが身近なところからなくなっていくように思えるでしょう。

例えば、屋根が壊れたとします。

都会であれば「業者を呼ぼう」となりますが、田舎では「自分で修理しよう」となります。

基本的に「ダメになったら自分で直す」「ないものは作る」というのが田舎でのスタンスになります。

だからこそ、ものづくりの能力があると、その能力をいかんなく発揮することができるでしょう。

ものづくりに興味のある方やものづくりを趣味としている方であれば、まさに本領発揮する絶好の機会なのです。

住まいのリフォームから庭造り、DIYなどものづくりの能力が高ければ高いほど、

より自分の理想の生活というものを手に入れることができるのではないでしょうか。

ものづくりの能力があれば、それだけ田舎暮らしを楽しむことができますし、

充実させることができるのです。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)