田舎で農業を始めるにはどうしたらいいの?

田舎で農業を始めるにはどうしたらいいの?

田舎で農業をしたいと漠然とした思いを抱いている方も多いのではないでしょうか。

確かに、田舎といえば多くの方が農業をしているイメージを抱くものです。

のんびりとしていて楽しそうな農業ですが、農業も立派なビジネスです。

[スポンサーリンク]



イメージだけで考えていたのではいけません。

もし田舎で農業を始めるのであれば、それ相応の準備が必要になってきます。

ここでは、田舎で農業を始めるにはどうしたらいいのかについてお話ししていきたいと思います。

 

何でどの程度の収入を得るのかを明確にする

何でどの程度の収入を得るのかを明確にする

農業を始めるためには、まず何をして、そこからどれだけの収入を得ていくのかということを明確にしていきましょう。

農業に限らず、まずは計画を立てることが大切になってきます。

特に、農業は実際に始めているといろいろと難しいこともたくさん出てくるものです。

だからこそ、余計に始める前の計画が重要になってくるのです。

農業と一口にいってもさまざまなものがあります。

野菜を育てていくのか、それとも果物を育てていくのか・・・野菜や果物にもそれぞれいろいろな種類があります。

その中から何を選択して、どういったタイミングで育て、出荷していくのかを考えなければいけません。

田舎といってもそれぞれで気候も違えば、その地に適した作物も違ってくるものです。

育てやすい作物、育てやすい季節・・・そういったものを考慮しながら、選んでいきます。

そして、その作物からどれだけの収入を得ていくつもりなのかも明確にしていきます。

もっと詳しく言うと、生活するためにどれだけのお金が必要なのか、農業をしていくためにどれだけのお金が必要なのか、

それらをカバーするためには農業でそれだけの収入を得ていく必要があるのかというところまで考えていかなければいけません。

農業を始めたのに生活できませんでした、農業を続けられませんでした・・・では、農業を始める意味がありません。

イメージだけではなく、現実的な部分もしっかりと見据える必要があるのです。

 

土地と技術と機械を用意する

土地と技術と機械を用意する

計画を立てたら、農業に必要なものを用意していきます。

農業を始めるために必要となってくるのは、農業のための土地、そこで使っていく技術と機械です。

土地に関しては、持っている土地を使っていくか、土地を購入するか、土地を借りるかという選択になってくるでしょう。

技術に関しては、独学でもいけなくはありません。

実際に、テレビ番組などでもまったくの素人が独学で農業を成功させたという話は多いものです。

もともと農業に関係した仕事をしていた方や農業に関する知識がある方であれば、独学でもどうにかなるかもしれません。

しかしながら、やはり信頼できる経験者に頼ったほうがいいでしょう。

近所の方に教えを乞うというのもひとつの方法です。

こういったところで人間関係をしっかりと築いていくというのも、田舎暮らしのコツかもしれません。

そして、機械についてですが、長く農業を続けるつもりなのであれば、レンタルではなく購入をしておいたほうがいいでしょう。

もちろん、機械なしでも農業はできます。実際に、手作業のみで農業をおこなっている方というのも少なくありません。

しかしながら、農業がうまくいくようになると、やはり規模を大きくしたくなるものです。

そのほうが収入も増えます。
規模が大きくなると、やはり人の手だけでは足りなくなってくるものです。

だからこそ、機械が必要になってくるのです。

将来的なことを考えて、最低限必要な機械というのは買いそろえておいたほうがいいでしょう。

機械があれば時間も短縮することができますので、より効率的に農業を進められます。

 

最後に

農林水産省の青年等就農計画制度を利用すると年間150万円)を給付されます。

その他、市町村独自の補助などもありますので農業をはじめる前にお調べください。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)