豊後高田市に移住を決めた理由

豊後高田市に移住を決めた理由

沖縄に来て10年、ボンヤリ「自給自足・田舎暮らし」を考えていた。

会社の売上も減少してきたので選択タイムです。

[スポンサーリンク]



1・「なるべくお金をかけずに暮らす」

2・「頑張って仕事をする」

もちろん「なるべくお金をかけずに暮らす」を選択

移住地を探す

沖縄は家賃が高いので「家賃が安い田舎」に行けばいいじゃんって事で

「田舎暮らし」「移住」などで検索してHITしたのが

豊後高田市IJU(いじゅう)支援サイト だったと思う。

本当に、なんでたどり着いたか覚えてません。

 

空き家バンク登録

移住先を探す

豊後高田市IJU(いじゅう)支援サイトは、物件の詳細情報は載っているが

肝心の「家賃」が記載してません。

「家賃」を知るには、「空き家バンク」の利用登録が必要となります。

豊後高田市の空き家見学の流れを紹介します。

 

移住の流れ

1・豊後高田市へ問合せ豊後高田市地域活力創造課 定住促進係の人は皆さん親切でした。

豊後高田市地域活力創造課 定住促進係

〒879-0692 大分県豊後高田市是永町39番地3
tel.0978-22-3100(代表)・0978-25-6392(直通) fax.0978-22-2725

2・豊後高田市から各種資料・パンフレットが届く※沖縄にも1週間以内にとどきました、

3・空き家バンク利用登録・誓約書(利用希望者用)・豊後高田市空き家バンク利用希望者登録申込書を送付

4・豊後高田市から物件情報が届く希望物件の詳細情報資料が届く

この詳細資料に家賃・売値が記載してあります。

5・見学したい物件を連絡して見学日を調整
6・物件見学

空き家バンクに登録されている空き家・宅地は一般の方の物件なので、希望した日に見学ができない事もあります

 

家賃が安い

希望物件の詳細情報資料に記載されている家賃・売値が安いので

「……え?」

と疑いました。

家賃は、豊後高田市IJU(いじゅう)支援サイト運営に迷惑がかかるのでお教えできませんが

「安い」「ものすごく安い」

とりあえずGoogleマップのストリートビューで、その日から豊後高田市を巡りつくした。

ストリートビューだけでは、距離感がつかめない!

行って見てみたい気持ちが抑えらない

そんな時「田舎暮らし体験プログラム」が行なわれていたので下見を兼ねて参加してきました。

※「田舎暮らし体験プログラム」は年に数回開催しております。

田舎暮らし体験プログラムレポート

 

住める田舎

住める田舎

大分県豊後高田市に行ってきた感想は「住める田舎」

市内中心部には、スーパー・ドラッグストア・病院・ホームセンターもありますので日常生活に困る事は無さそうです。

娯楽施設は、パチンコ屋しかありませんが…

温泉はあります。昭和の町もあります。

「住める田舎」なら「住む」

てことで、「田舎暮らし体験プログラム」の2週間後に、大分県豊後高田市で物件を決めてきました。

資料には、大規模改修が必要と書いてありましたが

家の中を少しみたら「住める」と思い大家さんとスグに交渉しました。

嫁には呆れられましたが、いつもの事なので許してくれていると思います…

ちなみに、風呂・トイレは見てません!

台所は少し見ました。

私の感想は「畳を替えたら住める」

 

豊後高田市に移住を決めた理由

豊後高田市に移住を決めた理由

  1. 家賃が安い
  2. 食べ物が旨い
  3. 古民家に住める
  4. 家庭菜園ができる
  5. 海が近い
  6. 温泉が近い
  7. 豊後高田市地域活力創造課の人が親切

移住したら「古民家の手入れ」「庭の手入れ」が大変そうですが楽しく暮らせそうです。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)