田舎での子育て!良いとこ悪いとこ

12013

田舎といってもどの程度の田舎かは差が出てくるとは思いますが

出産を機に実家のある田舎へ帰る人もいることでしょう。

これから田舎で子育てを考えている人、出産を控えている人にとって

田舎暮らしの良いとこ、不便なとこをお伝えできればと思います。

[スポンサーリンク]



出産、新生児期~半年あたりまで

可愛い赤ちゃん

可愛い赤ちゃんを迎えて新たな生活は、想像するよりもずっと大変です。

その慣れない状況で赤ちゃんは泣くし、親も疲れ切ると

ご飯をつくるのもままならない人も多くいると思います。

私自身もやはり非常に疲れてしまって、毎日泣くわが子に疲弊していました。

出産する人の場合、産院がどこにあるかにもよりますが

車での移動になるため、車は必須になります。

田舎にいるということはほとんどの場合は車を持っているとは思いますが

ないという人は事前に陣痛タクシーを調べておかないと大変ですね。

都内と違って駐車場に困ることがないので歩く距離が長いことはないです。

出産を経て、帰宅してからは「泣き声」との闘いになります。

都会と違い民家同市が離れている場合は気が楽です。

少し泣いていても「泣き止ませなければ!」という焦りは少ないでしょう。

ちょっとくらい泣いても「泣くのが仕事だからね」と言って様子を見れるのも田舎だからですね。

外の音も比較的に静かな田舎ですと、無駄な騒音で赤ちゃんを起こすこともありません。

また、一か月を過ぎてお散歩をさせる時も緑の多い場所を歩けるので気持ちがいいです。

ただし、コンビニなどが近くにない場合が多いため、気軽に出かけられません。

産後すぐに外に出る機会はありませんので、一日中家にいることも多くあります。

そんな中でご飯をつくったりすることが疲れてしまう場合もあるので

誰かに来てもらったり、食べるものをストックするといいですね。

例えば都内や都会ですと、割とすぐにコンビニやスーパーがあり、旦那さんが帰ってきてちょっとの時間に食べものを買いにいったり雑誌を買いにいったりと、ちょっとした息抜きもできますが

田舎の場合の「ちょっと行ってくる」は車での移動で時間がかかるので、周りへの負担が大きくなることがデメリットです。

 

半年以降~幼稚園、保育園入園まで~

可愛い赤ちゃん

外に出る機会も増え、お出かけの回数も増えてくるころです。

楽しい反面、交通手段はほぼ「車」の場合が多いでしょう。

中には交通機関を使用する人もいると思いますが、田舎は本数自体が少ないためとても使いづらいです。

都内ですと、一時間に何10本もの電車やバスがありますが

田舎は下手をすると数時間に1本、それを逃すと致命的・・・という場合がほとんどです。

ですので、気軽にお出かけをする、というのは都会の方が向いているのかもしれません。

車のあるご家庭の場合は、子供を車に乗せてあちこちに行くことになります。

プライベートスペースなので比較的に気楽に過ごせるでしょう。

ただし、車が嫌いな子供を乗せるのは一苦労です。

小さい頃から慣れていれば、車も楽しめると思いますが、慣れていない場合は泣かれても仕方ないと覚悟をしましょう。

子供の遊ぶスペースも、子育て支援センターや公園、大き目の商業施設がほとんどですが

田舎ですのでそこまで利用人数も多いわけではありません。

気楽は気楽ですが、子供とふたりで新しい場所に行くのが苦手な人にとっては、少しハードルが高く感じるかもしれませんね。

 

幼稚園・保育園事情

可愛い赤ちゃん

都内や都会に比べれば待機児童は少ないですが、それでも待機児童がいる地域もあります。

しかし、田舎は働く場所が少ないため、申請をしても難しいところがあります。

仕事をするにも少なく、預けたいけれど仕事が見つからない・・・

都会には「子連れ」で仕事のできる新しい形の会社もありますが、田舎にはまだまだそういった機能のある会社は進展していません。

託児所のある会社も限られていますので、仕事を探しながら保育園などを見つけるのはそれなりに難しいところなのは変わりません。

ただし、幼稚園であれば3歳以上(場所によって年度で募集するのが4歳以上のところもありますが)が入園できるので急いで仕事をしなくていいのであれば、幼稚園に入れる時期を待って、ということになります。

 

里帰り、義実家への訪問

里帰り

田舎の穏やかさや子供が外で散歩をしたりしやすい環境はとてもいいのですが

交通の面に関してはやはり都会よりは不便です。

車でどちらかの実家に帰る場合も時間がかかります。

それは仕方ないとはいえ、なかなか子供にも負担をかけるので、子供のことを気にしながらとなると親も疲れます。

計画的に、そして休憩ポイントもおさえていかないといけないので、あらかじめの用意が必要です。

また、急にオムツが着替えが必要!

となってもすぐに売っているような場所がないもの難点です。

都会であればどこかに何かしら買える場所が多いですが、田舎にはありません。

用意周到でないと大変なことになるので、そこは注意が必要です。

トータルで考えれば都会よりストレスなく子育てはできると思います。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)