家庭菜園をはじめる時のアドバイス

家庭菜園

新鮮なお野菜。

これは、野菜好きにはたまらない、そして、野菜が好きでない人にも野菜好きになる転機になるかもしれない素敵な言葉ですよね。

そして、この新鮮なお野菜をさらにおいしくする言葉が「自分で育てた」という一言。

どんなに高級なお野菜も、この「自分で育てた新鮮なお野菜」には、かないません。

[スポンサーリンク]



でも、家庭菜園ってなんだか難しそう……。

そんな風に思って、この最高級のお野菜を手に入れることをためらっている人も多いはず。

そんなあなたに、今回は、初めてでも失敗しないための家庭菜園のワンポイントアドバイスをお送りしたいと思います。

最初はプランターで。

プランター

プランターでも十分立派な家庭菜園です

家庭菜園と一口に言っても、その種類は様々です。

郊外の貸農園を借りるなんて少し本格的なものもあれば、庭先に小さな畑を作ったりと言った物もあります。

しかし、家庭菜園初心者には、これはちょっと大変です。

堅い土を耕すには大きな農具も必要ですし、けっこう力仕事です。

思いがけずびっくりするような虫が出てきてげんなり。

なんてことにもなりかねません。

ですので、最初はプランターでの栽培にチャレンジしましょう。

これならば大きな農具はいりませんし、場所も小さなベランダがあれば十分です。

これから説明するのですが、土づくりですとか肥料の問題もプランターならまずは心配なしです。

もちろんプランターでも、しっかり収穫の喜びを得ることはできますし、けっこうたくさんの種類の野菜を育てることが出来るんですよ。

と、言うわけで、まずはプランターを買いにホームセンターや園芸店(以下お店)に行きましょう。

メモを片手にお店へGO!

メモを片手にお店へGO!

〜店員さんは初心者の先生です〜

何を育てるかを決めずに行こう。

お店へについたあなたは、まだ自分が何を育てたいかも決定していない状態であることに気づくでしょう。

でもそれでOKです。

野菜には種をまく時期や苗を植える時期などが決まっています。

そして、それは地方によってちょっとづつ違ってもいます。

そこで頼りになるのはお店の人。

まずは、この時期から育て始めるのはどんな野菜が良いのかを聞いてみましょう。

注意する点は、そういったお店には、苗や種がずらっと陳列されていますが、陳列されている商品には時季外れの物も少なからずあるということ。(上級者はそれでも何とか育ててしまえるからです)

ですので、まずは聞くこと。そして、そこで作物を決定します。

葉物野菜なのか実がなる野菜なのか、苗から育てるのか種をまくものなのか。

それらも全部、店員さんに聞けば適したものを選ぶお手伝いをしてくれるはずです。

でもそれじゃぁせっかく自分の家庭菜園なのに……。と思われるかもしれませんが、それは大丈夫。

その時期にぴったりの物という縛りがあっても、プランターで出来る野菜はけっこうたくさんあります。

きっと、自分で決めたと実感できるお気に入りの野菜が見つかるはずです。

作物が決まったら必要なものをそろえよう。

大根を育てるのに底の浅いプランターは適しません。

ラディッシュを作る土とトマトを作る土は違います。

苗から作るのと種をまくのでも使う肥料は違うものです。

ですので、まず一番に決めるのは「何を作るか」で、そこからそれに必要なものを買っていきましょう。

これもやっぱりお店に人に聞いて選べば大丈夫。

土から肥料、必要な道具に適したプランターまですっかり教えてくれるはずです。

しかもそれらの道具の使い方から、植え方(蒔き方)肥料の時期や水やりのタイミングなども、聞けばすっかり教えてくれます。

持参したメモにしっかりと書き留めたなら、これで準備は完了です。

最初の野菜作りは失敗するものと考えて

失敗する

全部お店の人に教えてもらい、そしてそのメモに書いてある通りに準備や植え付け(種まき)をしてしまえば、あとは野菜が育つお手伝いをするだけです。

決められたとおりに水や肥料などを与えながら野菜が育つ姿を眺めるだけで、けっこう楽しいものですよ。

ただ、最初の野菜作りは”失敗するかも”を前提で作ってみましょう。

思いもよらない失敗や、まったく気が付かなかったミスなどはけっこうあるものです。

実例として、あまり気にせずプランターを置いた位置がエアコンの室外機の前だったために苗をダメにしてしまった、なんて話もあるくらいです。

種を植えたプランターに飼っている猫が粗相を、なんて話も。

でも、失敗してもいいのです。

大事なのは、そういった失敗を笑いながら、次の目標にしてトライすること。

実は野菜作りの楽しさは、今回よりその次をどういう風にうまくいかせるか。

それが大きなポイントなのです。

失敗を恐れず、それを笑い飛ばしながら、次は同じ失敗をしないように色々自分で考えていく。

そうなって初めて「自分の家庭菜園は始まったんだ」と考えるくらいでいいのです。

失敗して初めて始まる家庭菜園。

けっこうこれ、真理なんですよ。

そこから始まる終わりなき家庭菜園の世界。

終わりなき家庭菜園の世界

そうしているうちに、きっとあなたはそれなりの収穫の喜びを手に入れることになるでしょう。

そうなれば、そこまでの苦労と楽しみを十分感じることもできるはずです。

そして、そこから奥深い家庭菜園の世界は広がっていきます。

土づくりにこだわって、自分なりの土レシピ作成にのめりこむもよし。

完全有機無農薬栽培を目指して、よりおいしくより安全を極める道に進むもよし。

プランターから庭の畑、そして貸農園とその規模を増やして御近所や親せきに配るほどの収穫を夢見てもよし。

あなたの性格といろんな状況に合わせて、家庭菜園はいろんな方向に終わりなき楽しさが待っています。

ぜひそんな素敵な家庭菜園の世界に、皆さんも踏み出してみませんか?

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)